トップページ活動の記録>2002年7月
 
2002年7月
 

県議会6月定例会
福祉公安委員会の審議(1・2日)
首都機能移転等・地方分権対策特別委員会の審議(3日)
37議案を可決・同意し閉会(4日)

台風6号(10・11日)により、県内各地で被害が発生し
現地調査や救援活動を行いました


農作物に大きな被害を受けた梁川町


内水害被害を受け深刻な渡利地区




福島・郡山など6市町村で約2万8千4百所帯、約7万5千人に避難指示・勧告が出され、約2千7百人が学校などに避難したほか、河川・道路・農作物などに250億円を突破する被害となりました。


地元・御山地区町内会連合会研修会に出席しました(14日)

県議会福祉公安委員会の県外調査を行いました(17日・18日)
東京都庁において、都が来年4月から施行する障害者支援費制度について、その準備状況や地町村へ
の支援策について伺いました。
また、千代田区が運営し、全国の注目を集めている幼保一元施設「いずみこども園」を視察しました。
警視庁において、通信施設の運営状況についてその先進的な取り組みを伺いました。

福島・宮城・山形の3県本部合同の党議員夏季研修会が
仙台市で開かれ、出席しました(22・23日)

 
浜四津代表代行を始め、井上義久衆院議員、渡辺孝男・風間昶参院議員があいさつ。福祉・医療・環境・教育をめぐる課題について研さん。浜四津代表代行は、「第一線に立っての活動を強調し、来春の統一選、参院選・衆院選の完全勝利を決意し合いました。


「男女共同参画を考える市町村トップセミナー」が二本松市の
県男女共生センターで開かれ、参加しました(23日)

佐藤知事の記念講演、伊藤大阪大学大学院教授の「21世紀の男性学入門」の基調講演。そして、パネルディスカッションを通して、地域における男女共同の大切さが強調されました。


台風6号被害を受けた柳津町と降ひょう被害の会津高田町を
現地調査しました(25日)

 




いちばん上に戻る

トップページ活動の記録>2002年7月